歯医者さんは苦手でもいないと困る存在です

歯医者の苦痛な音

歯医者さんにかかったことのない人は、まずいないでしょう。ほとんどの人が虫歯とか歯石除去、あるいは義歯を作るなどの目的で、歯科医院に足を運んでいます。私も子供の頃から歯科医院によく行きましたが、子供の頃は、あるいは大人になっても歯医者さんはちょっと苦手です。これは口の中をのぞかれること、それから虫歯や詰め物の治療の場合、ちょっと痛い思いをしなければならないのと関係しています。また歯医者さんは、一日だけで終わってしまうことはありません。

歯医者の継続性

大抵半月から一月ほど、定期的に通うことになり、それが面倒くさいというのも理由として挙げられるかもしれません。それから全く別の目的、たとえば歯石を取ってもらいに行ったのに、虫歯を発見されて引き続き通うことになるなどということもあります。しかし、歯というのは食事の時に必要であるだけに、悪いままにしておくと後で大変なことになります。ですから痛いとか面倒くさいと思いつつも、歯医者さんにかかるこtのメリットは、かなり大きなものでもあるのです。