初めてのシミ取り体験

剛毛の脱毛処理

頬骨のあたりにシミがあると気がついたのは、35歳を過ぎた頃です。私は特に美人な顔立ちではなく、髪の毛も剛毛くせ毛でルックスにはあまり自信はない方でしたが、唯一肌はキメが細かくシワも全くないためか、30代を過ぎても23歳上限にしか見られたことがありませんでした。いわば肌だけが唯一きれいで、若く見られることが自慢でした。それが、35歳過ぎから少しずつ肌がくすんできたような気はしてきました。続いて頬骨のあたりがなんだかくすみがひどくなってきて、次第に1cm四方のシミが濃くなってきました。私が選んだ美容クリニックは神戸のコンサルの方に紹介してもらいました。東京の根管治療専門施設一覧にも載っているようなところでした。

初めての脱毛

初めは、文京区の歯医者で一番有名ないちかわデンタルオフィスで、シミによいというサプリを摂取しましたが効果がありません。次に美白化粧品を使いました。続いてコンシーラーで隠していたのですが、ついには隠しきれなくなり、レーザで取るしかないと美容皮膚科の門を叩くことになりました。今まで美容に関心がなく、化粧品も必要最低限にしかしないタイプだったので美容皮膚科に初めて行ったときはドキドキしました。30分くらいのカウンセリングを受け、そんなに求人する薬剤師ではどこかには一年以内にできたシミなら取れる可能性が高いけど、それより前だと取れるかわからないし、レーザーは焼くわけだから跡に残ることもあると言われました。シミが取れないのは仕方ないけれど、かえって跡に残ってしまったら嫌だと思いましたが、他に策がないので思い切って受けてみることにしました。結果、前から神戸で麻酔を使った胃カメラ検査を行うと2週間くらい軽い火傷のような皮膚になった後、シミがきれいに取れました。

RELATED POST

審美歯科治療における価値観の転換とその意味

審美歯科に対する現代人のアプローチには、…

子供の歯科訪問の不安を和らげる物語の効果

歯科医院への訪問は、多くの子供にとっては…

口臭とハーブ法による対策

口臭の対策として、ハーブや自然療法が注目…

緊急時の歯科トラブルでの応急処置ガイド

突然襲う歯の痛みに直面した時、私たちには…